プレスリリース


ビンテージ好きが溺愛するリメイク&ビンテージブランド”MALION vintage”、2019年春夏コレクションのPOP UP SHOPを伊勢丹新宿店で開催
株式会社 三越伊勢丹ホールディングス

<MALION vintage>”Sea Bed Closet” 2019年3月20日(水)~26日(火) 伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/ザ・ステージ#2



[画像1: ]

「誰かが大切に着ていた古き良きものに新しい息吹を与え、生まれ変わる、新しい服たち」をテーマに、ヨーロッパやアメリカなどから直接買い付けたヴィンテージやユーズドアイテムを使って新たにデザインをしている<MALION vintage>。
2019年春夏のコレクションコンセプト「Sirene(シレーヌ:人魚)」をもとに、海底にある人魚のクローゼットを今回のイベントテーマとしコレクションの世界観を表現するPOP UP SHOPを伊勢丹新宿店で開催する。

[画像2: ]

このPOP UP SHOPは、2019年春夏シーズンのフルラインナップやアーカイブアイテムをバリエーション豊富に見られる貴重な機会となっている。

[画像3: ]

過去のコレクションで発売して大好評を博したクロシェレースパンツのニューカラー:ベージュが今回のイベント限定で登場。

[画像4: ]

 

また、イベントテーマに合わせて、閃きからできる樹脂や金箔を使用してつくられたアクセサリーブランド<kagami>や表参道にあるドライフラワーショップで、自然な色合いが特徴の<Tida Flower>もホワイトやブルーなどのコレクションに合わせたカラーで展開する。

さらに、スーツケースブランド<HOKUTAN>に別注した、デニムリメイクトランクも展開する。

[画像5: ]

 

ブランドプロフィール

【MALION vintage】
ヨーロッパの女性名「MARIA」と男性名「MARIO」とをかけあわせた言葉。絶対的な方向ではなくアイマイな、それでいて特別な何かを求めて。誰かが大切に着ていた古き良きものに新しい息吹を与え、生まれ変わる、新しい服たちがコンセプト。ヴィンテージやユーズドアイテムを再構築することで新たな洋服を作り出しているリメイクブランド。

【kagami】
好きな音楽や洋服
感情の変化
色んなインスピレーションが繋がって
ひとつ、ふたつとできていく
金沢箔、pearlやbeadsを使い
好きをかたちにしたアクセサリー
今つけたいと たのしみたい

【Tida Flower】
TOKYO FANTASTIC OMOTESANDO(南青山)にあるドライフラワーブランド。
花材の多くが、日本各地から集められたナチュラルドライフラワー。
ありがとうの日、スタートの日など、いいことのはじまりにぴったりなドライフラワースワッグ(壁掛けブーケ)が人気。