がん研究者  米国エモリー大学ウィンシップ癌研究所
大須賀 覚
SATORU OSUKA

がん研究者。筑波大学医学専門学群卒業。医学博士。現在、米国エモリー大学ウィンシップ癌研究所に所属。

かつては日本で脳神経外科医として、脳腫瘍患者の手術・治療に従事。しかし、現実の治療方法の限界を感じて、基礎研究者へと転身。現在は脳腫瘍を治療する新規薬剤の研究開発に従事している。過去には、ノーベル賞受賞者が一同に会する「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」に、若手研究者の日本代表に選出されて参加。奨励賞など受賞多数。病院治療と研究世界の両方の実情を知っている背景を生かして、一般の方向けにがん治療を解説する活動も積極的に行っている。

著者のブログ「」

Twitter:

Facebook:


Был найден мной нужный блог про направление лучшие казино онлайн.
спортивное питание жиросжигатели

http://baden-medservice.ru/