〔PHOTO〕gettyimages
# 消費税

消費増税は「日本の二極化」を加速度的に広げるという不都合な真実

与党も野党ももっと真剣に考えてほしい
シェア ツイート ブックマーク

参院選の争点

7月21日の投開票に向けて参院選が動き出した。「衆参同時選挙説」や「消費税率引き上げ見送り説」などがまことしやかに流れたが、結局は普通に参院選のみが行われ、どうやら消費税率引き上げも当初の予定通り、10月より実施される運びとなったようだ。

このように、予定通りに消費税率引き上げが実施される見通しになったことから、今回の参院選では自民党の獲得議席が40議席台にとどまる「大敗」になるのではないかという見通しも一部あるが、現時点での各種世論調査では、与党全体で10議席以内の減少にとどまるという見通しが大勢のようである。その程度であれば、前回大勝の反動減の範囲内ということになる。

また、ある世論調査では、今回の参院選の争点として1番に挙げられているのが、「社会保障・年金問題」となっており、消費税は4番目くらいの争点となっている。消費税問題が軽視されているともいえないが、この調査がある程度真実だとすると、消費税率引き上げに対する怒りで与党大敗というような構図でもなさそうだ。

〔PHOTO〕gettyimages

与党は、社会保障財源に消費税収の一部を充てるという方針を明確にしているのだが、それに対する野党は、消費税率引き上げに反対の姿勢を鮮明にしている。

まあ、それはいいとして、野党は例の「2000万円問題」が攻めどころととったのか、「2000万円問題」をたてに現政権の社会保障政策の不備を指摘する一方で、「一生安心できる社会保障・年金制度を再構築する」と主張することで参院選勝利を目指しているようだが、これは戦略的に大きなミスではないかと考える。

 

この「2000万円問題」、確かに消費税率を引き上げ、国民から所得の一部を召し上げる一方で、「老後の生活のすべてを国で面倒見切れないのであと2000万円程度は自分で勝手に貯金してください」と言っているに等しい。

そのため、多くの国民の怒りを買ったと思うのだが、国の年金だけで豊かな老後を送ることができないのは周知の事実であるため、現時点では、多くの家計は、怒りを投票行動にぶつけてあらためさせようというよりは、将来についてあらためて考えてみようというスタンスの方が強いと思われる。

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク
-->
お知らせ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
現代ビジネス広告掲載について
マネー現代広告掲載について
コンテンツマーケティングについて
プライバシーポリシー
Lebaobab オフィシャルウェブサイト