Photo by gettyimages

早稲田大学で闇に葬られていた、教授の「ハラスメント疑惑」

昨年のセクハラ問題が記憶に新しいが…
シェア ツイート ブックマーク

大学当局も把握しているのに

昨年、早稲田大学文学学術院で発覚したセクハラ問題は、アカデミアを震撼させた。しかしその事件の陰で、早稲田に「もうひとつのハラスメント疑惑」が持ち上がっていたことを知る人は少ない。

教授のパワハラによって、大学院生が次々と体調を崩して学校に来られなくなり、博士論文を執筆できないまま退学してしまう――人知れず、そのような「異常事態」が起きていたというのだ。

 

問題の教授が主宰する研究室は、2003年に新設されたスポーツ科学部などを擁する、早稲田大学スポーツ科学学術院にある。所属する大学院生が次々とパワハラの被害に遭い、これまで博士課程の院生4人が退学を余儀なくされた。

疑問なのは、大学がこの教授によるパワハラの疑いを把握していながら、調査をうやむやにし、何の処分も下していないことだ。

2018年9月には、大学の「リスク管理及びコンプライアンス推進に関する規則」に基づいた調査委員会が、「学部生・大学院生に対するパワーハラスメントの可能性が確認できた」と教授によるパワハラの可能性を認めた。その後、ハラスメント防止委員会で調査が続けられていたはずだった。

ところが今年5月、突然調査は打ち切られたという。どのような経緯があったかは不明で、教授もお咎めなし。パワハラの被害を受けてきた関係者は憤っている。

「もう早稲田と関わりたくない」

「教授は院生に対して攻撃的で、当時の研究室ではみんなうつ状態にあり、自分も学校に行くのが苦痛だった」

「大声で罵倒され、指導は受けられず、博士論文を出させてもらえなかった」

「教授の足音が研究室に近づいてくるだけで身震いがした」

「もう早稲田大学とは関わりたくない」

これらの悲痛な叫びは、編集部が入手した、問題の教授によるパワハラの実態をまとめた資料に「被害者の声」として記述されているものだ。

教授の研究室では2012年から2014年までに、所属した大学院生7人が教授からのパワハラによって体調を崩し、通学できない状況に追い込まれた。院生が使う研究室は誰も出入りしなくなり、当時「開かずの扉」と言われていたという。

そのうち4人は博士課程に在籍する院生だった。教授からはパワハラを受けた上に、論文指導もしてもらえず、4人とも論文を書けないまま退学しなければならなかった。

さらに4人のうち3人はうつ病を罹患。退学後、2年間実家に引きこもらざるを得なかった人もいるという。彼らは人生を狂わされた、と言っても過言ではない。

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク
お知らせ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
現代ビジネス広告掲載について
マネー現代広告掲載について
コンテンツマーケティングについて
プライバシーポリシー
Lebaobab オフィシャルウェブサイト