撮影/佐藤圭
# 癒し # 絶景

「あふれ出す雲海」撮った! 北海道雨竜沼湿原に現れた奇跡の絶景

北海道から毎日お届け中!

「北海道の尾瀬」と称される景勝地・雨竜沼湿原

「北海道の尾瀬」とも言われている雨竜沼湿原の展望台からの撮影です。

雨竜沼湿原は、北海道の日本海側のちょうど真ん中辺りに位置する暑寒別岳(標高1491.6m)の東側に位置しており、標高1000mの高原にある湿地帯です。

湿地の生態系を保護するために制定されたラムサール条約にも登録されています。

山の端を越え、一気に湿原にあふれ出した雲海
 

湿原には、雨竜沼をはじめ多くの沼が点在し、雪解けの春から秋までは、ミズバショウやエゾカンゾウなど多くの高山植物が咲き乱れます。数年前には「ウリュウコウホネ」という新種のスイレンも確認されています。

 

この日は、雨竜沼湿原と朝日、そして雲海を撮影するため、真夜中から登山を開始しました。

朝日には間に合いましたが、雲海は山の向こうの雨竜町の上空に留まって、湿地の上空は一点の雲もなくすっきりしていて、がっかり……。

おちこんだまま、少し休んでいると、なんと、雨竜町の上空の雲海が、山を越えて雨竜沼湿原の方に溢れだしました。

山の切れ間からポッとこぼれた雲は、瞬く間に湿原全体に広がっていきました。

見たこともない絶景に唖然として声も出ず、ただ、黙々とシャッターを押していました。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!

-->