photo by iStock

2年後、センター試験廃止で大学入試は「カオスな世界」になる

医学部受験のプロが断言

新テストが導入される背景

大学入試の一次試験として実施され、広く浸透している現行の「大学入試センター試験」は、2020年1月の実施を最後に廃止されることが決まっている。センター試験の代わりとして、2021年1月からは、「大学入学共通テスト」(新テスト)が実施される。

photo by iStock

センター試験は、1月の成人式後の週末で定着しているが、「共通テスト」も、1月中旬の2日間で実施される予定だ。2018年度時点での高校1年生以下は、新テストを受検することになる。

なぜ、いま、センター試験を廃止し、新テスト=「共通テスト」を実施しなければならないのか。試験内容は何が変わるのか。

まず、背景から。文部科学省は、「グローバル化や第4次産業革命に対応しうる人材を育成するため、あたらしい学力評価制度・大学入試制度の設立が必要である」と考えた。いや、考えた、と言うより、そのように考える経済界と現政権の意向を受けて、このような入試改革が実行されることになった。

文科省「大学入学者選抜改革について」の説明によると、上記の人材育成のためには、「学力の3要素」①知識・技能、②思考力・判断力・表現力、③主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度、の3つを育成・評価することが重要であるという。

「判断力」、「表現力」、「主体性」など、能力やその達成度を共通の尺度で判定するのが極めて困難な項目も含まれている。

 

新テスト「記述式問題」の“大問題”

次に、試験内容は何が変わるのか。センター試験にはなくて、新テスト=共通テストに新たに導入されるものは2つある。1つ目が「記述式問題」の導入、2つ目が、「英語4技能評価」の導入である。どちらも、問題含みの大改革になる。

文科省は、記述式問題の導入により、「解答を選択肢の中から選ぶだけではなく、自らの力で考えをまとめたり、相手が理解できるよう根拠に基づいて論述したりする思考力・判断力・表現力を評価する」ことができるようになると説明している。

また、記述式問題を導入することで、高校や中学でも、主体的・対話的で深い学びに向けた授業改善が促され、大学においては、高校で学んだ「思考力・判断力・表現力」を前提とした質の高い教育が期待できるようになる、としている。

https://kinder-style.com.ua

books.google.com.ua

https://best-products.reviews