〔PHOTO〕gettyimages

採用の限界…「史上最高の人手不足」に見る中小企業の未来

有名企業ばかり受ける就活生が陥るワナ

人材不足、学生にとっては朗報だが…

採用の現場で、人材不足が続いている。

リクルートワークス研究所の調査では、20卒新卒者を「増やす」と答えた企業は13.8%。「減らす」と答えた5.9%を大幅に上回った。また、「増やす」と答えた企業は従業員5,000人以上の大企業が多く、新卒採用人数も相対的に多くなることが見込まれる。

2020年、つまり来年大学を卒業する学生にとっては朗報である。就職活動は3月に本格化する。不安を抱き「就活開始」を待つ学生にとって、事前に自分が売り手市場へ出られるとわかって挑むなら安心であろう。

筆者は2012年より学生の就活支援を行っているが、今年は空前の売り手市場と体感する。

「有給休暇100%」
「女性管理職比率3割以上」

など、働き方改革に便乗した企業のアピール合戦は続く。

 

学生もリーマン・ショック期は「就職できればどこでもいい」と血眼になっていたが、2020卒の学生は「30歳までに年収800万円あって、安定していて、20時に帰れて、裁量権が大きい仕事がいい(明治大学、21歳)」など職場へ希望する条件も増えている。

上述の条件を例にとると、すべての条件をそろえた職場はさすがに限られるが、本気で指導すれば2~3個の希望は叶えられる。氷河期世代が聞いたらひっくり返るような売り手市場だ。

売り手市場の学生が企業へ多くを求めるのはしごく当然のことであり、それに合わせて職場環境が改善するならよい傾向である。新卒が待遇改善を求めれば、すでに働いている社員も恩恵を受けられる可能性が高いからだ。

〔PHOTO〕gettyimages

採用に苦戦する中小企業

いっぽう、中小企業やベンチャーにとって、現在の売り手市場はよいニュースとはいいがたい。

よい人材は福利厚生や給与条件のよい大手企業に軒並み奪われてしまい、中小企業にまで学生が回ってこない。それも「よい学生がいない」のではなく「文字通り来てくれない」のだ。

ある就活媒体の担当者はこう語る。

「中小企業へ学生をあっせんするのは現況、厳しいですね。中小企業でも経営状態がよい企業、安定しているところはたくさんあります。不景気であれば学生はそういう会社を見つけて、応募してきてくれました。しかし今の学生は有名企業ばかり受けて、中小まで自分から積極的に探そうという気も起こしません」

社会人になれば「大手こそすべて」でないことは理解できてくる。むしろ社員50名、売上100億円で安定した顧客を抱える企業に敬意を抱く機会も増える。

だが学生はそもそも広告で見かけるような有名企業以外を知る機会が少ない。中小企業が採用イベントでブースを確保しても、「なに、この会社?」「さあ?」と流されてしまうのがオチだ。

what is binary trading

новая витара