〔photo〕iStock

日本株、個人投資家に「ビッグチャンス到来」といえる3つの理由

世界が日本株に注目し始めた
2019年に入って、世界のマーケットでは資金の逆流が始まった。これまで市場にジャブジャブとあふれていたリスクマネーが逃げ足を早めているわけだが、そうした中で「じつは日本株は相対的に有利な立場にある」と指摘するのはマネックス証券チーフ・アナリストの大槻奈那氏である。「米国のリスクオフに加え、欧州ではBrexit、仏伊の財政リスクもくすぶり、日本は消去法で選ばれる可能性がある」――そう語る大槻氏による最新レポートをお届けしよう!
 

「約2京円」という巨額に膨れ上がった世界総債務

2018年の金融市場は、リスク要因がありつつも拡大を続けた年だった。

世界の総債務(金融を除く)は、リーマンショック後54%拡大し、史上最高の180兆ドル(約2.0京円)まで膨れ上がった(図表1)。

しかしその間、既に膨張していた金融市場では、”マグマ”がさらに肥大した。収益が上げにくくなった金融機関は、これまで以上に深いリスクを取るようになった。

その典型が高リスク企業やプロジェクトに対する融資の条件緩和である。以前は、こうした融資にはコベナンツ(財務制限条項)を付けて、経営をモニターするのが一般的だった。ところが、2018年には、こうした条項がない「コベナンツ・ライト」案件が大幅に増加、新たに発行された高リスク債券の8割を占めるまでに膨張した。

2018年末、ついに市場価格が変調を始めたワケ

2018年の第4四半期から、さまざまな資産の価格が反転し始めた。

株価に加え、リーマンショック後上昇し続けてきた主要国の住宅価格も反落に転じた(図表2)。原油価格も急落(図表3)し、12月に入ってVIX指数も急上昇した(図表4)。このままいけば、VIX指数の上昇幅は、暦年ベースで過去最大となりそうだ。

これらの資産価値下落の背景の一つに、FRBのバランスシートの縮小があるとみられる(図表5-1)。マネーの量が減少するにつれ、まずは高リスクの投資から資金が流出している模様だ。

これを端的に表しているのが、高リスク社債市場である。クリスマス直前の2週間で300億円近い資金が高リスク債ファンドから流出し、利回りが急上昇している(図表5-2)。

-->