1月 6日 ウェゲナーが大陸移動説を発表(1912年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

ドイツの気象学者アルフレッド・ウェゲナー(Alfred Lothar Wegener、1880-1930年)が、この日、フランクフルトで開催されていたドイツ地質学会において、「大陸移動説」を発表しました。

関連の日:11月 1日 気象・地球物理学者ウェゲナーが生まれる(1880年)

【写真】アルフレッド・ウェゲナー
  アルフレッド・ウェゲナー photo by gettyimages

ウェゲナーは、ブラジルとアフリカの海岸線の類似や、古生物学的な証拠に着目し、「大陸は分裂・移動し、相互の位置関係が変化する」という説にたどり着いたそうです。ただし、大陸が移動する理由については、「地球の自転による遠心力のため」と考えていました。

当時、この説明に納得する科学者はあまりいませんでしたが、第二次世界大戦後、地殻に記録された古磁気の研究から、この説は劇的な復活をとげ、現在のマントル対流による新しい大陸移動説へとつながりました。

【写真】『大陸と海洋の起源』の図
  『大陸と海洋の起源("Die Entstehung der Kontinente und Ozeane"[独])』収載の図 photo by gettyimages
bestseller-sales.com

масло арал 5w30

http://rbt.com.ua