〔photo〕iStock
# 子育て

フランス人の「出産&子育て」が、日本とここまで違うワケ

フランス人は「里帰り出産」をやらない

フランス人は「妊娠9ヵ月」で赤ちゃんを産む?

私がフランスで妊娠したときに1番驚いたことは、フランス人は9ヵ月で赤ちゃんを産むと聞いた瞬間でした。

「日本人の妊娠期間は10月10日。1ヵ月も早く赤ちゃんを産むなんて、同じ人間なのにフランス人はすごい!」と妙に感心した記憶があります。

実際には日本人もフランス人も妊娠期間は同じですが、1ヵ月の日にちの数え方と、スタート時点が違ったことが大きな勘違いの原因でした。日本では月経の最終日を初日として4週間を1ヶ月と数えるのに対して、フランスでは受精日を初日としてカレンダー通りに1ヵ月を数えていきます。

数え始める日の違い、そして1ヵ月の日数が28日なのか、30、31日間なのかの違いで1ヵ月もの誤差が生じてしまうわけです。在日フランス人の友人も日本で妊娠をしたとき、日本人の妊娠は10月10日だと聞いて、「なんて長い間妊娠しているのかしら」と驚いたそうです。

それはさておいて、じつは日本とフランスでは出産や子育てについて大きな違いがたくさんあります。そこからは、日本人とフランス人の出産観、子育て観の違いが浮き上がってくるのです。日本ではあまり知られていないそんなフランス人の出産と子育てについて紹介したいと思います。

〔photo〕iStock

フランス人の出産は「お腹を痛めなくてよい」

無痛分娩が一般的なフランスでは、約8割の人が無痛分娩を選びます。出産が近づいてきたら、あらかじめ担当医と相談して出産日を決めます。日本のように陣痛が来るまで待つことはしません。

出産日を向かえたら朝早くクリニックへ到着。簡単な検査をしたあとに陣痛促進剤が投与され、しばらくは、ベッドの上でリラックスして過ごします。何時間か過ぎて我慢できないくらい痛くなってきたら、やっと麻酔がスタートして、出産を待つという流れとなります。最初は自然分娩で生むと決めていた人でも、途中から無痛分娩に変更する人も大勢います。

 

ベッドに横たわっている間は、陣痛の強さと間隔がモニターに映し出されています。モニターを横目で眺めつつ、陣痛が5分間隔になるのを「まだかしら」と、ひたすら待ち続けます。この間、食事や水分を取ることはできません。人にもよりますが、10時間前後かかるようです。

-->