photo by iStock

子どもを医学部に合格させるには、ホントはいくら必要かご存じですか

サラリーマンの年収越えは当たり前です

サラリーマン年収を超える医学部の学費

小学校から中学校の義務教育、無償化されて以降の高校教育を経験した人は、「教育は無償(であるべき)」と考えているかもしれない。当然、義務教育や無償化された高校教育には、「税金」がつぎ込まれている。働く世代が、次の世代の若者の教育をみんなで支えようという考え方に基づいている。

photo by iStock

ところが大学は学費がかかる。だからそういう意識はあまり持っていないかもしれないが、大学にも税金が投入されている。

じつは医学部にも、多額の税金が投入されている。医師一人を養成するのには、1億円近くかかる、という試算があるほどだから、国公立で数百万、私立で数千万円程度もの学費がかかる医学部教育だが、その自己負担率はむしろ低いのかもしれない。

しかし、やはり、それでも、医師になるまでのお金は、相当高額であることは確かである。

 

医学部に入ってからのお金については、さまざまな書籍やメディアでも調べることができるし、のちにこのコラムでも取り上げる予定なので、おおざっぱな数字だけを示しておく。

国公立の医学部では、6年間学費平均350万円程度、私立大学では、安いところでも、6年間学費2000万円、高いところで4000万円オーバーとなっている。私立医学部に通うには、毎年、一般サラリーマン並みの年収(350万~650万円)が、学費として必要になるということだ。

ただで勉強はできない。たしかにその通りではある。とはいうものの、一般家庭にとって私立医学部の学費はあまりにも重い。

裕福な家庭の子息が有利であることは間違いない。より優秀な医師を輩出することを求めるならば、今よりもっと合理的な奨学金(できれば給付型の)の構想が求められると、私は思う。

では、医者を目指した子が医学部に入るまでのお金は、どのくらいかかるのだろうか。

合格するまでにも高額な費用が必要……

医学部に「受かる」までの費用はどれくらいかかると見込んでおけばよいのだろうか。

受験(勉強)のための費用としては、以下のものが挙げられる。
(1) 予備校・スクール費用
(2) 受験用の参考書類(過去問含む)、文具
(3) 模擬試験代金、情報収集費用、パンフレット・願書代金
(4) 入学試験受験料、受験付帯費用
(5) 受験時の宿泊代、交通費
(6) 合格時の手付金

これらを、説明していこう。