photo by Getty Images

中国ネット民も驚いた、中国反日言論「安倍訪中で手のひら返し」

政府の方針なのかタカ派紙が急転回…

入国禁止から共存共栄…

「環球時報の編集者の皆さん、頭がどうかしたのか? それともわざとなのか? 『共存共栄』、この言葉を好き勝手に使っていいのか? この言葉は明らかに歴史的な意味を持っているのだ。太君(=旧日本軍人)に媚びるため、さらに『大東亜共栄圏』という言葉まで使うのではないか?」

2012年の尖閣諸島国有化を機に発生した反日デモにより、国交正常化後最悪の状況に陥った日中関係から6年。安倍晋三首相が10月25日、日本のトップとしては7年ぶりに中国への公式訪問を果たした。

この日、中国共産党機関紙『人民日報』系列の『環球時報』は「中日社会は心の整理をして、お互いへの認識を改める必要がある」との社説を発表した。だがこの中に登場した「共存共栄」という言葉が物議を醸し、上記のような厳しい批判がネットに現れた。

社説は「両国社会はお互いへの見方を調整し、心理的に中日関係を再定義し、これまでの関係悪化のもたらした影から抜け出し、積極的に未来へと向かうことが必要だ」として、「まず、中日社会はお互いに相手の長所を尊重、肯定し、自らの短所に向き合わねばならない。中日が最もすべきでないことは、お互いを見下し、意地を張り、さらには『遠交近攻(お互いを牽制するために遠方の国と付き合うこと)』をすることで、その結果ごく一般的な衝突が深刻な対立へと変化してしまい、あらゆる事件が国家の運営や国家の尊厳のレベルまでエスカレートしてしまうことだ」と指摘した。

その後で社説は「お互いに尊重し、共存共栄の大原則を確立すれば、中日は容易に『和して同ぜず』ができるようになる。中国人は日本の技術革新や精密な管理から、多くの学ぶべき優れた点を見出すだろう。(中略)一方日本人も、中国の現代化のメカニズムが一旦動き出せば、その規模の効果は驚嘆すべきものだと分かるだろう」などと記している。

 

一読すれば、まともな主張のように見える。だがこの「共存共栄」という語句はこれまで、中国人にとって、「大東亜共栄圏」同様、旧日本軍の中国侵略の歴史と分かちがたく結びついていた。

近年中国では「抗日神劇」(抗日とんでもドラマ)と呼ばれる抗日戦争ドラマが粗製乱造されているが、抗日戦争映画の古典「地道戦」(1965年、地下道を掘って日本軍と戦う抗日ゲリラを描いた)の1シーンに、壁に「共存共栄」と大きく書かれた日本軍の陣地にゲリラが侵入する場面がある。

「共存共栄」はこのように日中戦争での日本側のスローガンとして、中国では忌み嫌われる言葉だった。それがよりによって、タカ派を売り物にしていた『環球時報』に登場したのだから、読者が驚き、不満を抱くのも無理はない。

В интеренете нашел авторитетный интернет-сайт про направление интернет магазин спортивной одежды https://start-sport.com.ua
whoch.biz

антифриз