〔PHOTO〕gettyimages

ドイツ鉄道がトラブル時に乗客をまるで「ゴミ扱い」にした理由

電車に乗れば必ず何かが起こる
シェア ツイート ブックマーク

信じられないような話だが…

10月12日、ケルンからミュンヘンに向かって走行中のICE(ドイツ版新幹線)が突然火を噴き、一両が全焼するという信じられない事故が起こった。

乗客約500人は、軽症5人を除き全員無事で救出。翌日、原因は変圧器の故障だったと発表されたが、なぜそんなことが起こったのかは、2週間が経とうとする今も、まだ調査中だ。

ケルン‐ミュンヘンはドイツを縦断している幹線の一部で、とくにケルン~フランクフルト間は日本の「のぞみ」のように、超高速で運転している。それがこの事故で閉鎖されたのだから影響は大きかった。

ところが当初、それに関するドイツ鉄道から乗客へのお知らせは、「10月19日までのこの区間の乗車券は、希望者には手数料なしで払い戻しする。火災の起こった電車に乗り合わせていた乗客は、乗車券を全額返還する。壊れた荷物も賠償する」と、ただそれだけ。

〔PHOTO〕gettyimages

事故9日後の21日にドイツ鉄道のホームページを開けてみたら、冒頭に赤で大きく、「ケルン~フランクフルト(マイン)間の高速路線の運転再開」。そのうしろには「本日より1車線が運行可能となった。現在、3分の2以上の列車が運転。乗車の前に運行状況を調べること!」と書いてあった。

もちろん「事故でご迷惑をおかけしています」などという言葉は一つもない。ドイツの「お客様」は神様どころかゴミのようだ。

 

10月12日、つまり、この事故の起こった日、バイエルン州の地方紙に偶然、「なぜ、ドイツ鉄道は問題が起こった時、乗客を放ったらかすのか」という記事が載った。例として、具体的な乗客の苦情が挙げられている。

1)3月22日の22時、N夫妻はSバーン(ドイツ鉄道の郊外電車)でニュルンベルクからレドニツヘムバッハに向かっていたが、電車はシュヴァバッハで停車。バスに振り替えと言われたが、Sバーンが2分遅延したため、バスは行ってしまったあとだった。

2)Bとその娘は8月、ニュルンベルクからの最終電車でフォイヒトに向かったが、乗客は途中の何もない駅で降ろされ、バスに振り替えとなった。ところが、バスは電車を待たずに発車。乗客は暗闇の駅で途方にくれた。結局、深夜、近隣の街まで歩き、そこから地元の深夜バスに乗ったが、後日、ドイツ鉄道は、それはバス会社の責任であるとして、謝罪をしなかった。

3)ハートマンスホーフ~バンベルク間のSバーンは、工事のために遅延が多い。そこで、ダイヤの乱れを防ぐための苦肉の策として、Sバーンはしばしば終点まで走らず、手前の駅で乗客を降ろして引き返してしまう。苦情を言った乗客に対するドイツ鉄道の答えは、「次の電車を待て」。この路線は1時間に1本の運転。

4)7月、アンスバッハとニュルンベルク間で人身事故のため停車していたSバーンがようやく発車したと思ったら、最寄りの駅に引き返し、そこからバス輸送に振り替えとなった。降ろされたところは無人駅で、座る場所もトイレも売店もなく、もちろんバスも来ない。子供連れや高齢者が困難に陥った。1時間後、ドイツ鉄道の人間が現れ、「まだバスもタクシーもセッティングできていない」と言い残して去った。真夜中のことで、あとは皆が自力で方法を模索するしかなかった。

どれもこれも、信じられないような話だ。しかし、ここまで極端ではなくても、私も、私の友人たちも、電車にのれば必ずと言っていいほどトラブルに遭う。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク
kover-samolet.com.ua/kovrolin/kovrolin-dlya-doma/

http://honda.ua/cars/accord/opisanie_modeli/

купить шерстяной ковер
お知らせ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
現代ビジネス広告掲載について
マネー現代広告掲載について
コンテンツマーケティングについて
プライバシーポリシー
Lebaobab オフィシャルウェブサイト