〔PHOTO〕iStock

知られざる男性不妊、実は「あの行為」が妊娠を阻んでいた可能性

夫婦の3組に1組が悩んでいる

夫婦3組のうち1組は、不妊に悩んでいる

「いま、うちの嫁が不妊治療中でしてね、結構イライラしてて困ってるんですよ」という話を聞くことがある。

しかし、不妊となる原因の半分は男性由来だとご存じだろうか? ED(勃起不全)、無精子症といった言葉を聞いたことのある男性は多いものの、「まさか俺が」と思っている方が大半だろう。

しかし、男の不妊はよくあることなのだ。

国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、全夫婦のうち、不妊を心配した、あるいは悩んだことのある夫婦は35%にもなる。つまり3組に1組の夫婦は「子供ができないかもしれない、できなかったらどうしよう」と悩んだことがあるのだ。

また、実際に不妊治療を受けている夫婦の割合は、同調査によると18.2%。不妊治療は決して「誰かの問題」でもない。

いまこれをご覧になっているあなたが未婚者だとしても、数年後には当事者になっているかもしれないのである。

〔PHOTO〕iStock

不妊の原因のうち半数は男性由来

また、不妊といえば「女性の問題」だと考える方も多いだろう。しかし実際には、不妊の原因の半数は男性由来である。不妊の原因が男性のみ、あるいは男女ともにあるケースは48%。であるにも関わらず、男性不妊に関する情報は少ない。

そこで今回は不妊治療に詳しいHealth&Rights Inc.の代表、吉川雄司さんからお話を伺った。吉川さんは日本が不妊大国であることを憂慮し、会社員から独立起業した。最近では男性向け不妊マニュアルを期間限定で無償提供するなど、不妊治療の啓蒙へ力を注いでいる。

 

吉川さん:男性不妊への理解が進まない理由のひとつには、男性向け資料の不足があると考えています。たとえば子供ができないと悩んだ男性が「不妊治療」で検索したとします。資料はたくさんでてきますが、どれも女性向けに作られているんです。

――女性向けというと、具体的には?

吉川さん:女性がそういったものを好むとは限らないと理解していますが、感覚的な表現が多いんです。お花やハートの絵が並んでいて、数的データより共感できそうな事例がたくさん載っている、そういう資料が多いんです。

数的データは国立社会保障・人口問題研究所にも掲載こそされているものの、こちらは堅すぎて読み取りが難しい。男性向けの、ちょうどいい資料がないんです。あまりにもないので、#夫の不妊バイブル というハッシュタグで僕自身が資料を作ってしまったくらいです。

бликсер

дастер цена

donating eggs uk