テイラー・スウィフト〔PHOTO〕gettyimages

テイラー・スウィフトが「政治的沈黙」を破ったことへの大きな衝撃

緊張感溢れる中間選挙を前に
シェア ツイート ブックマーク

テイラー・スウィフト発言の衝撃

10月に入りアメリカでは、11月6日の中間選挙に向けた動きが活発化してきている。中でもテイラー・スウィフトが民主党の候補者に投票するとInstagram上で公言したことは、彼女のファンのみならず多くの人びとを驚かせた。

カントリー・シンガーとしてスタートしながら、今ではビルボードランキングの常連としてすっかり大物ポップシンガーの仲間入りを果たした彼女だが、多くのミュージシャンとは異なり、選挙前に政治的立場を明らかにするのは、今回が初めてのことだった。

出発点がカントリーということからもなんとなく想像がつく通り、彼女の出身は南部であり、今回支持を表明した候補者の選挙区も、彼女がハイスクール時代を過ごした南部テネシー州だった。

 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I’m writing this post about the upcoming midterm elections on November 6th, in which I’ll be voting in the state of Tennessee. In the past I’ve been reluctant to publicly voice my political opinions, but due to several events in my life and in the world in the past two years, I feel very differently about that now. I always have and always will cast my vote based on which candidate will protect and fight for the human rights I believe we all deserve in this country. I believe in the fight for LGBTQ rights, and that any form of discrimination based on sexual orientation or gender is WRONG. I believe that the systemic racism we still see in this country towards people of color is terrifying, sickening and prevalent. I cannot vote for someone who will not be willing to fight for dignity for ALL Americans, no matter their skin color, gender or who they love. Running for Senate in the state of Tennessee is a woman named Marsha Blackburn. As much as I have in the past and would like to continue voting for women in office, I cannot support Marsha Blackburn. Her voting record in Congress appalls and terrifies me. She voted against equal pay for women. She voted against the Reauthorization of the Violence Against Women Act, which attempts to protect women from domestic violence, stalking, and date rape. She believes businesses have a right to refuse service to gay couples. She also believes they should not have the right to marry. These are not MY Tennessee values. I will be voting for Phil Bredesen for Senate and Jim Cooper for House of Representatives. Please, please educate yourself on the candidates running in your state and vote based on who most closely represents your values. For a lot of us, we may never find a candidate or party with whom we agree 100% on every issue, but we have to vote anyway. So many intelligent, thoughtful, self-possessed people have turned 18 in the past two years and now have the right and privilege to make their vote count. But first you need to register, which is quick and easy to do. October 9th is the LAST DAY to register to vote in the state of TN. Go to vote.org and you can find all the info. Happy Voting!

Taylor Swiftさん(@taylorswift)がシェアした投稿 -

では、なぜ彼女が、今までとは異なり政治的沈黙を破ったのかというと、それはブレット・カバノーが50対48の僅差とはいえ、連邦議会上院の承認を得て、晴れて最高裁判事となることが決まったからだった。

実際、テイラー・スウィフトが、民主党候補者の支持を表明したのは、カバノーの承認が決まった直後のことだった。

カントリーから始めたことからもわかるように、初期の彼女の成功を支えたのは南部のファンだった。そして南部といえば、政治的には共和党の支持者が多い土地柄だ。いや、むしろ、北部の連中に反感を覚える土地柄という方がふさわしいかもしれない。その結果、北部に支持される民主党には与したがらない、というわけだ。

〔PHOTO〕gettyimages

ところで、一般的にはミュージシャンというと、クリエイターの性として自由自在な生き方を好む傾向があり、結果としてデモクラシーの理想である自由と平等を称えることことが多く、そこからミュージシャンの多くは民主党の支持者であると思われがちだ(もちろん、カニエ・ウエストのようにトランプが大好きなことを全く隠さない人もいるが)。

しかもテイラー・スウィフトの場合、カントリーからポップスへとイメージを変え、全米での人気を不動のものにした。おそらくは、こうした込み入った経緯から今までは、自らの政治的立ち位置の公表は差し控えていたのかもしれない。

 

いつの間にかすっかり垢抜けて都会じみたイメージになってしまったけれど、心根は素朴な昔のままだよね、というファンの心理を配慮したものだったのかもしれない(あるいは、単に不要なトラブルを避けたいだけなのかもしれないが)。

だが、そのような彼女ですら、民主党の支持を表明し、もっといえば自分のファンにもできれば投票に出かけ民主党の候補者を支持してほしい、という意向を明らかにしたのは、それだけカバノーの最高裁判事への就任が承服し難かったということだ。

そして、先ほど「50対48の僅差」と記したように、カバノーを承認したのは上院の共和党議員である。となると、その共和党に一矢報いたいというのがテイラー・スウィフトの本心なのだろう。

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク
velomarket.org.ua/category/velosipedy-vnv/
お知らせ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
現代ビジネス広告掲載について
マネー現代広告掲載について
コンテンツマーケティングについて
プライバシーポリシー
Lebaobab オフィシャルウェブサイト