10月 4日 旧ソ連が人類初の人工衛星を打ち上げる(1957年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

1957年の10月4日、ソ連は人類初となる人工衛星「スプートニク1号」を高度900キロメートルの地球周回軌道に打ち上げることに成功しました。

sputnikはロシア語で「衛星」の意味で、秒速8000メートル、約95分で地球を1周します。直径58センチメートル、重さ83.6キログラムの衛星は、温度や気圧を測定して地球に送信する機能を備えており、発信された電波は世界各地で受信されたそうです。

丸い本体とアンテナだけでできたシンプルな形状が、どことなくわたしに似ている気がして、すこし親近感が湧きますね。

【写真】スプートニク1号
  スプートニク1号と技術者。直径58cmのアルミニウム製の球体で、意外に小さことがわかる photo by gettyimages
www.jaamboo.com.ua/

http://rusprofile.ru