From Scientific Reports

奄美の海底にミステリーサークル出現! 生命科学者が「謎」を解く

図面もなしで美しい模様を描く秘密
奄美大島の海底に発見されたミステリーサークル。
この美しい模様を描いたのは人ではない。誰がどのようにして描いたのか? 動物行動学者の川瀬氏と阪大のグループが海底の「謎」に挑んだ──。

忽然と現れた直径2mの幾何学模様

奄美大島の海底で、ダイバーが謎の模様(下図)を発見したのは1995年頃のことだ。砂でできた直径約2mの幾何学的模様である。

ミステリーサークル図1 奄美大島の海底に出現するミステリーサークル

こんなものが、ひとりでにできるはずはなく、何者かが意図的に作った構造物としか思えない。

これが、初夏の半月の頃に、海底に忽然と現れ、いつの間にか消える。誰がどうやって作るのか? そもそもこれは何なのか? 謎が謎を呼び、いつしか、「海底のミステリーサークル」と呼ばれるようになった。

イギリスの農園に出現する(した)本家「ミステリーサークル」の方は、1991年に、作成者が名乗りを上げたことにより、人工物であることが明らかになっている。一時は、宇宙人の仕業だ、とか、いやいや、プラズマが原因の自然現象だ、とかの様々な議論がにぎわったが、残念ながら、皆、騙されていたのである。そもそも、謎でもなんでもなかったのだ。

 

意外な作者、そして謎

一方、海底のミステリーサークルの方だが、水中写真家の大方洋二さんが、2011年に、その作者を発見した。こちらは人ではない。なんと、体長わずか10cmの小さいフグだったのだ。

その新種のフグは、アマミホシゾラフグと名づけられ、これで、「誰が?」という問いに対しては、答えが得られたことになる。また、中央部分に、このフグの卵が生みつけられていたことから、この幾何学構造は、メスをおびき寄せるための産卵床であることも解った。

しかし、それですべての問題が解決したわけではない。小さいフグが、どうやったらこんなに巨大で、しかも正確な形状の幾何学構造物を作ることができるのか、さっぱりわからないからである。

本家のミステリーサークルの場合、人が、棒とロープをコンパスのように使って作る。一方、フグはロープもコンパスも持っていない。手も足も無いのだ。

建築中の行動を記録したビデオを見ると、フグは、海底近くを、砂を巻き上げながら放射状に泳ぎ、溝を作っていく。

だが、どこにも目印になるようなものみつからない。掘る順番も特に決まっている風でもなく、いきあたりばったりに見える。その上、常に海底近くに居るため、制作過程を上からチェックすることもしない。どのくらい完成したかを確認しないのである。

にもかかわらず、手品のような鮮やかさで、ものすごく正確な幾何学模様ができていく。見事というほかはない。

だが、どうやったら、そんなことが可能なのだろう?

これは、実に魅力的な「謎」である。生物学者だったら、いや、好奇心のある人であればだれでも、「これを解き明かしたい!」と思うのが人情というものであろう。

www.steroid.in.ua/products/nandrolon-fenilpropionat-malaj

https://steroid.in.ua

готовые курсы стероидов