1971年7月16日の京都新聞朝刊

1971年、京都で起きた高校紛争の記録〜左翼運動はなぜ衰退したか

ぼくの通う高校で、事件が起きていた

ぼくが見た紛争の残り火

47年前の1971年、京都の高校で紛争があった。

7月の夏の一日、深夜に高校へ侵入した生徒たちによって、教務室が封鎖された。

翌日に予定されていた期末試験を粉砕するためだった。テストは延期されたが、翌日の夕刻に機動隊が導入され、封鎖していた生徒は逮捕された。

その2年後に私はその高校に入学した。

まだ紛争の余燼が燻っていた。ほんの少しだけど。

紛争から2年たった1973年の7月15日、その日は授業がおこなわれず、「2年前の紛争についての話し合い」がおこなわれた。授業を取っ払って、紛争を語る日が設けられていたのだ。一年生にとっては、驚きだった。7月15日は、教務室がバリケード封鎖され、機動隊が導入された日である。ある種の記念日だった。

ただ私はその日、ずっと違和感があった。

何かしらの引っかかりを感じていた。だから、45年前の夏の出来事だけど、いまだにそのイベントのことを覚えている。

違和感は、おそらく「ぼくたちは何も知らないのに」というところから発していたとおもう。

紛争時に中学2年で、紛争の2年あとに入ってきたぼくたちは、紛争についてはほとんど何も知らかった。

 

不思議な討論会

3年生は紛争に巻き込まれた学年である。

教務員室が封鎖されたため、その日予定されていた期末テストが延期になった。当時の在学生徒はすべて関わりがあった。そのあと繰り返し全校集会が開かれ、いくつかの制度が変わった。かなり強烈な体験だったはずだ。その人たちが、ぼくたちが入ったときの3年生である。

クラスごとに縦割りで討論会(ティーチイン)が開かれた。

ぼくは3組だったから、1年3組と2年3組と3年3組が一緒になって討論会を持った。教室でやった覚えがあるから、クラスを3つに割って、1年から3年が合同で討論したのだったとおもう。

何とも不思議な討論会だった。

紛争がおさまり、それにともなう制度の変更が終わり、それらに馴染みはじめていたころに、ぼくたち1年は入ってきた。

紛争があったことは知っているが、細かいことは何も知らない。2年もそれに近かったのではないか。

そういうデコボコした連中が、ひとつところに集まり、ひとつの話をした。

きちんとみんな平等に話し合った。

民主主義的であり、自由であり、自主性を尊重されていた。

たぶん、違和感の原因はそこにある。

Узнайте про интересный веб сайт со статьями про xiaomi redmi note 4x 4gb + 64gb www.top-obzor.com
детские нарядные платья запорожье