photo by iStock

閲覧注意…『進撃の巨人』の元ネタになったとも言われる衝撃事件

本当にあった封印事件②

我々人間は、「禁じられたもの」に魅力を感じてしまう習性がある。あまりにも残虐なため封印された事件があると聞くと、どうしても気になってしまう。禁じられているのだが、「見たい」「知りたい」という欲求が生じるのが、人間の性(さが)なのだ。

だから人々は物語を生み出したのだと思う。神話や小説、映画などのフィクションのなかに、本当にあった禁忌を潜めて、渇望を満たしたのである。次に紹介する事件もその事例の一つだ。あの(諌山創「少年マガジン」掲載、Lebaobab)の元ネタになったとも言われている。

ソニー・ビーン事件

15世紀はじめのスコットランドの荒野で、旅人たちの行方が、次々と途絶えてしまという事件が起きた。失踪事件は20年間も続き、消えた旅人は1000人以上にも上ったという。この事態を深刻視した国王は、手当たり次第に疑わしい者を捕らえては処刑を繰り返した。しかし、一向に失踪者の数は減ることはなかった。

ある日、街に馬に乗った一人の男が現れる。男は命からがら、逃げ延びてきたという。そして彼の証言により、謎に満ちた大量失踪事件の真相が明らかとなった。

男は妻と二人、一頭の馬にまたがり、村祭りから帰る途中だったという。海に近い岩場の道を走っている時、物陰から何者かが現れた。次々と姿を現す異形の者たち。彼らは普通の人間とは違っていた。体の大きさもまちまちの、野蛮人のような風体だったという。男は剣を抜いて応戦するが、妻が捕まり、馬から引きずり下ろされた。

彼らは一斉に、妻の身体に群がってゆく。彼女の喉元を刃物で切り裂き、一人が鮮血をすすり始めた。腹を裂いて、内臓を取り出している者もいる。男は必死に抵抗するが、やがて力尽きてしまった。覚悟を決めたその時である。祭り帰りの集団が、こっちに向かって歩いてきた。彼らは慌てて、妻の死体を引きずりながら、その場から逃げ去っていったという。

 

男の証言をもとに、国王が軍隊を率いて一帯を捜索する。そして、彼らの住処とおぼしき、海岸沿いの洞窟を発見したのである。

すさまじい臭気が漂う洞窟内。天井には、人間の腕や足、胴体が吊されている。樽に詰められ塩漬けされた人肉もあった。獣のようなうなり声がして、奇怪な集団が襲いかかってくる。だが武装した捜索隊の敵ではなかった。彼らはたちまちのうちに制圧されたのである。

次々と旅人たちと襲い、その人肉を食糧にしていた奇怪な集団。洞窟に住み着いていた異形の者は48人。驚くべきことに、その集団は全員、血のつながった家族であることが分かった。彼らの父親の名はソニー・ビーンという。

生垣作りや溝掘りの一家に生まれたソニー・ビーン。だがある日、あくせく働くことに嫌気がさして、家を飛び出してしまう。そして、一人の女と知り合い、洞窟で暮らすようになった。町や村へは出向かず、洞窟の中だけで生活し、女と性を貪り合う日々。二人は一向に働こうとはせず、常に飢えに苛まれていた。

そこでビーンは、ある方法を思いついた。道行く旅人を襲い、金品を奪い去るのだ。その金で食糧を買えばいい。こうして、殺戮を繰り返すことになった二人。

襲った相手の命は必ず奪い、遺体は必ず洞窟まで持ち帰った。自分たちの犯行が、絶対にばれないようするためである。最初は強奪した金品で食糧を買っていたのだが、やがてそれもすぐに底を尽きてしまった。

そこで二人は、襲撃した旅人の人肉を食べることにしたのだ。一度に食べきれない分は干物にしたり、海水につけて貯蔵した。

масло арал 5w30

via-generici.com/comprare/kamagra-oral-jelly

http://rbt.com.ua