Photo by iStock

もはや他人事じゃない…「夫婦で梅毒」あなたならどうする

原因は自分か、妻か

梅毒なんて、昔の病気じゃないの?その認識こそが過去のもの。現在、日本全国で梅毒が大流行。夫が、妻がふとした弾みでもらってきて、家庭内が修羅場と化す。病は治るが壊れた絆は戻らない。

手のひらに発疹が……

「701番の方。相談室にご案内します」

川村哲也さん(56歳、仮名)は渡された受け付け番号をじっと見つめた。自分の番号までまだ5人ほど控えている。

(早くしてくれ……)

川村さんがいたのは、JR西国立駅から徒歩9分のところにある多摩立川保健所だ。ここでは毎週土曜日10時~15時までHIVおよび梅毒の検査を無料で行っている。川村さんはこの検査を受けにきたのだ。

発端はその前日の金曜日のことだった。自宅へ帰り、手を洗うときに、手のひらに発疹ができていることに気づいた。よく見ると腕にもポツポツとある。妻に見てもらうと背中にもできていた。特にかゆみなどなかったため、気づかなかった。

「何かしら」と訝しがる妻を「最近働きづめだったからちょっと疲れて、蕁麻疹が出たのかもしれない」と安心させたものの不安は募る。ベッドに入り、スマホで調べると手のひらに発疹ができるのは梅毒の可能性があるとある。

(まさか……)

思い当たる節がないではなかった。実は2ヵ月前にペニスにしこりのようなものができたことがあった。なんだろうと思ったものの1週間もすると自然に治ったので、ただの吹き出ものだと思い込んでいたのだ。

ネットの情報によると陰部にしこりができるのは梅毒の初期症状だという。

(最近好い仲になったあの子が持っていたのか?)

すぐに受検できるところはないかと調べると保健所なら即日で検査してくれるところがあることがわかった。しかも、多摩立川保健所は、13時以降は予約不要で先着順で検査してくれるとある。そこでさっそく国立まで出かけることにしたのだ。

妻には土曜日だけどやってる皮膚科の病院があるみたいだからと嘘をついて出てきた。

 

「706番の方」

ついに自分の番がきた。

部屋に入ると医師らしき白衣の男性と年配の女性が座っている。

「お待たせいたしました」

神妙な面持ちの男性医師。

「検査をしたところ、梅毒検査で陽性反応が出ました。ただここですぐに結果を出すことはできません。判定保留ということになります。また1週間後にいらしてください」

頭が真っ白になった。

「梅毒だった場合、どうなるんでしょうか」

昨日、スマートフォンで見た鼻が欠けた男の画像が頭を駆け巡った。

「まだ第2期の段階ですから、しっかりと薬を飲めば治ります。ただ感染したと思われる日以降で、他の女性と性交渉をしたことはありますか?」

「妻と何度か……」

「でしたら奥さんと一緒に病院に行っていただくことになります」

泣き崩れる妻の顔が目に浮かぶ。

「妻にも伝えないといけないでしょうか」

「必ず伝えてください。梅毒は大変感染力の強い病気です。奥さんにもすでにうつっていると考えるほうが自然です」

帰り道、何も考えられずに歩いていると携帯電話が鳴った。

「病院はどうでしたか?」

心配する妻からのメールだ。妻はまだ何も知らない。しかし、どう伝えればいいというのか。まず浮気がバレることは避けられない。その上、病気までうつしているかもしれないのだ。

ecostyle.kz/

nomer-org.xyz/allukraina/lastName_%D0%9A%D0%9E%D0%A0%D0%9E%D0%92%D0%A7%D0%95%D0%9D%D0%9A%D0%9E_firstName_%D0%A1%D0%95%D0%A0%D0%93%D0%95%D0%99_pagenumber_0.html