5月7日 日本初の「博士」誕生(1888年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

この前年に出された「学位令」に基づいて、この日25人の博士が誕生しました。

理学博士第1号は植物学者の伊藤圭介(1803~1901)で、数学者の菊池大麓(だいろく 1855~1917)や物理学者の山川健次郎(1854~1931)らも同日に博士の学位を授与されました。

ちなみに、「学位令」では大博士という学位も定められていましたが、誰にも授与されないまま1899年に廃止されてしまったそうです。

photo by iStock
https://np.com.ua

У нашей фирмы нужный интернет-сайт , он описывает в статьях про https://onlinecasinoplanet.net.
https://generico-pro.com