photo by iStock

感情にまかせた「叱りっぱなし」が子どもをダメにする

世代間連鎖を防ぐ子育て論(9)

大声で怒る母親

最近気になるのは、電車内や駅の構内、スーパーマーケット、街角などで、子どもを大声で叱りつけている母親(ときには父親)の姿です。叱りつけるというより、怒っているというほうがぴったりきます。

それも子どもに対しての怒り方とは思えないようすで、おとな同士でしか使わないような言葉遣いで怒っているので、周囲の人たちは一様に引いてしまい、聞こえないふりをしたり、見て見ぬふりをしたりしています。

 

ある母親は、パン屋さんの店先で、2人の子どものうち弟(4歳くらい)を叱りつけていました。

「なんでなの! いつも言ってるじゃない、どうしてパンにさわったの、なんど注意したらわかるの、黙ってたらわからないじゃない、理由を言いなさい、どうしてあんなことしたの!」

たぶん、トレーとトングを持ってパンを買っているあいだに、下の子どもがおいしそうなパンに指で触れたのでしょう。そのことを、店を出たところで母親は責めているのです。

通りかかった人たちもあまりの大声に驚いて足を止めるのですが、すぐに「どうしようもない」といったふうに視線をそらして、通り過ぎます。

私もそのひとりだったのですが、もしも「そんな大きな声で叱らなくてもいいじゃありませんか」などと割って入ろうものなら、矛先がこちらに向かいそうな勢いだったのです。

仮にそのときは「すみません、子どもがあんまり言うことをきかないので」と返答したとしても、帰途には子どもへの攻撃が倍増したでしょう。

「○○のせいで知らないおばさんからママが責められたじゃないの。あんなことするから、ママがつらい思いしたじゃない」

彼女は「どうしてこんなことをしたの!」と叫びながら、「なぜこんなに私を苦しめるのか」「なぜ自分を困らせるのか」と子どもに訴えているような気がするのです。

生まれて3年か4年しか経っていない子どもに対して、それはあまりに重すぎる問いかけではないでしょうか。

身を震わせて怒る姿を動画に撮って、時間が経ってから母親本人に見てもらったらどんな感想を抱くでしょうか。

本人たちはたぶん叱っているつもりなのでしょうが、果たしてどうでしょう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
rtic softpak lunch box

adulttorrent.org/details/sanoba_witch_sabbat_of_the_witch_visual_novels

www.xn----7sbajornvhu8c.com.ua/%D0%BE%D1%85%D1%80%D0%B0%D0%BD%D0%B0-%D0%B7%D0%B0%D0%B2%D0%BE%D0%B4%D0%BE%D0%B2/