Photo by GettyImages

「アルマーニ騒動」泰明小の入学式出席を拒否された児童の父親が告白

「銀座らしさ」って、そういうこと?

給食はミシュラン店監修

「私の家は父の代から泰明(小学校)に通っており、愛着がありました。学区内に住んでいたこともあって、4年前に息子も母校に通わせることにしたんです。しかし3年前、和田校長とトラブルになり、息子を転校させることになりました」

こう語るのは、息子を3年前まで泰明小学校に通わせていたという同校OBのA氏だ。

泰明小学校といえば来年度の新1年生から標準服(制服)を海外高級ブランド「アルマーニ」がデザイン監修したものに切り替えることが明らかになり、国会でも取り上げられるほどの騒ぎになった。

「和田校長は外部へのアピールには熱心ですが、教育の中身に関しては薄っぺらい人だという印象です。今回のアルマーニの制服の件を聞いて、『あの校長らしいな』と思いました」(前出・A氏)

なぜ親子三代で通った小学校から息子を転出させることになったのか。

それを語る前にアルマーニの新標準服導入を独断で決めた和田校長の評判に耳を傾けよう。

PTAからの信頼も篤く、とても良い先生だと語るのは小学5年生の息子を通わせる母親。

「和田校長は地域とのつながりを深くしようとマラソン大会や盆踊りを企画してくれました。マラソンは銀座の外堀通りやコリドー街を通る普段なら絶対に走れないコースで保護者も子どもたちも大喜びでした。

あとミシュラン二つ星の割烹料理店の料理長に給食を監修してもらったこともあります。小泉進次郎さんも視察に来たんですよ」

ただ、最近は執拗に「泰明小学校が周囲からどう見られているか」を気にしていたという。

「保護者会のたびに、『近隣から児童がバスの中で騒いでいる、地下のコンコースを走り回っているという苦情が殺到している。家庭でちゃんとしつけをしてほしい』と繰り返すようになりました。

『またあの話をしてたね』とうんざりするママ友も多いですね」(小学4年生の娘を通わせる母親)

 

そこで和田校長がすがったのがアルマーニというブランドだった。「高級ブランド制服」を導入することによって、「泰明らしさ」「銀座らしさ」を取り戻そうというのだ。

とはいえ新たに導入される制服は基本セットが約4万5000円でセーターなどと合わせると約8万円にもなる。公立小学校にしてはあまりにも高額だ。元文科官僚の寺脇研氏は言う。

「公立学校が標準服を設けるのは、私服で家庭の経済的な格差があらわれてしまうのを避けるためです。文科省内に取り決めがあるわけではないが、常識的にそうなっている。公立だから贅沢じゃないほうに全体を合わせるということです。

泰明小学校の方針は、これとは逆で贅沢なほうに合わせるということ。払えない方は別の服を着てもいいと言いますが、公立学校の方針としてはいかがなものか」

best-cooler.reviews/portable-freezer-fridge-from-world-famous-brand/

best-cooler.reviews/

where can i buy a styrofoam cooler