〔PHOTO〕gettyimages

中朝開戦に現実味!習近平が「対北侵攻作戦」を実施する日

その時は刻一刻と迫っている

中国はどう動くのか

〈 新たに開発された大陸間弾道ロケット「火星(ファソン)15」の発射実験が、成功裏に行われた。「火星15」の兵器体系は、アメリカ本土全域を打撃することができる超大型重量級核弾頭の装着が可能な大陸間弾道ロケットである。

金正恩(キム・ジョンウン)同志は、新型陸間弾道ロケットの成功裏の発射を見守りながら、本日ついに国家の核武力の完成の歴史的大業、ロケット強国の偉業が実現したと、誇り高く宣布された…… 〉

75日間にわたって沈黙を保ってきた北朝鮮が、11月29日、ついにルビコン河を渡ってしまった。

現地時間の同日正午、朝鮮中央テレビに、「重大報道」を専門とする「労力英雄」勲章受章者の李春姫・人民放送員(74歳)が登場。冒頭の内容を高らかに宣布した。

〔PHOTO〕gettyimages

同日の深夜3時18分頃、平安南道平城(ピョンソン)から、日本海へ向けて新型ICBM(大陸間弾道ミサイル)が発射された。

ミサイルは、通常より高く打ち上げるロフテッド方式で、過去最高の4475㎞まで上がり、発射から53分後、水平距離950㎞を飛行して、青森県の西方約250㎞の日本のEEZ(排他的経済水域)に落下した。通常射程であれば、アメリカ全土をカバーする1万3000㎞に達する。

この突然の暴挙を受けて、日本やアメリカ、韓国などが一斉に反発した。だが私が最も注目しているのは、中国の動きである。

このコラムでこれまで述べてきたように、10月の第19回共産党大会と11月のトランプ大統領訪中を成功裏に終えた習近平政権は、外交に対して急速に自信を深めている。そんな中、対北朝鮮政策で何らかの「変化」が出てくる可能性があるからだ。具体的に言えば、宥和策から強硬策への転換である。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
http://best-cooler.reviews

adulttorrent.org

www.eurobud.com.ua/metallocherepitsa-slovakiya/