国際的な協力が野生動物の密猟や交易を食い止める鍵となる

シェア ツイート ブックマーク
母親を惨殺されたあとに保護されたサイの仔---〔PHOTO〕gettyimages

劇的に増加する野生動物の非合法取引

アフリカの草原では毎朝殺し屋がひそかに進む。獲物にはもはや逃げるすべはない。昇朝日のもと、仔と戯れている母を遠くから高速の銃弾が襲う。母は大地に倒れ、瀕死の傷にうめく。しかし最悪の光景はこれからだ――。

大型のナイフと斧を手に襲撃者が近づく。抵抗できない獲物は無慈悲にたたき切られる。一番希少で高額なパーツを手に入れるためだ。その数時間後、破壊された母親の死体と半ば乾いた大量の血糊のそばから2匹の仔は離れようとしない。まるで生き返るのを待っているかのようだ・・・・・・。

強欲に突き動かされたこの手の暴行は、今も世界のあちこちで少なくありません。この場合の犠牲者は人間ではなく、アフリカに生息するミナミシロサイです。威風堂々たるこの動物の角は、中国やヴェトナムなどの国で多くの需要があります。サイの角に薬効はないという研究結果が繰り返し出されている事実に反して、これら国々では高級な贈答品や慢性疾患用の生薬として多くの人に珍重されています。

サイの殺し屋は多くの場合、最新式の武器を携行し、高度な訓練を受けた準軍事的なグループのメンバーです。彼らは、地元の警察やパークレンジャーから豊富な資金を得ており、所持する銃器の性能もはるかに優れています。その結果、サイへの銃撃は近年劇的に増加し、2014年度には南アフリカだけでも12000頭に達しています。

野生動物の非合法取引はグローバル産業で、毎年何十億ドルも荒稼ぎをしています。絶滅危惧種は、食糧ペットや装飾品、家具、皮革、薬剤、化粧品に加工され、まさに消滅寸前の状態です。この非合法取引は、地球の生物多様性への深刻な脅威となっているのです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク
destiny 2 replicas

oncesearch.com/details/taboobyprimal_jade_jantzen_jades_brother_takes_every_hole_mp

ivf-lab.com
お知らせ
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
現代ビジネス広告掲載について
マネー現代広告掲載について
コンテンツマーケティングについて
プライバシーポリシー
Lebaobab オフィシャルウェブサイト